事業分野/生活産業

配管建設本部

生活に密着した商材をメインに
多角的な事業を展開

 住宅やプラント、公共及び民間建築設備、都市ガスなどに対して、配管材料を中心にライフラインの構築を行う機能を持ちます。
 高級化、インテリジェント化、工期短縮、省人力化など、近年の建設現場における様々なニーズに対応する高い商品調達力と柔軟性が強みとなっています。受注から配送計上まで一貫したシステムを構築することに加えて、新しい建設材料の開発や、安全性・衛生性・メンテナンスフリーといった要求に応える高度な商品の提供にも力を発揮しています。
 また、環境に配慮した商品も豊富に取り揃えており、環境保全に効果的な提案と販売を積極的に行っています。

photo

土地活用から良質な都市開発まで
オルガナイザー機能を発揮したビジネス提案

 配管建設本部には、建築関連資格者(1級建築士、1級施工管理技士)を有し、請負工事分野や不動産開発を中心に事業展開する機能もあります。主な業務としては、

  • ①分譲マンションデベロッパーとしての不動産開発、子会社の岡谷サービス&ホームズと連携しての戸建住宅事業
  • ②工場、ビル等の建設
  • ③昇降機工事、立体駐車場工事、床工事等の専門工事

を行っています。
 また、これらの事業に加え、近年では海外向けに建築資材の取扱いをすすめています。
 顧客満足度の向上をめざして、土地活用から良質な都市開発まで、オルガナイザー機能を発揮したビジネス提案を行っています。

photo

食品本部

安心・安全かつ安定的な食品供給で
日本の食に貢献

 食品の輸入を主な業務として行い、日本の食を支える本部です。食料自給率が40%を下回る日本においては、貢献度の高い仕事をしているといえます。
 仕事の基本は、北米・南米、ロシア、EU諸国、豪州、東南アジア、中国等、世界中から水産物や畜産物などを輸入し、国内で卸売り販売を行うことです。味や質など、お客様からの厳しい注文を現地工場と協力して解決し、キメ細かく対応することで、付加価値の高い商品を供給しています。
 食の安全に対する関心が高まっている今日、商品の管理にはこれまで以上の細心さが求められています。お客様の信頼に応えながら食を安定的に供給するため、独自の海外ネットワークを拡大しています。
 冷凍食品などに加工されるエビや各種食品に使用される加工鶏卵、スーパーのお惣菜売り場に並ぶ焼き鳥やフライドチキンなど、岡谷鋼機が輸入した食品は生活の身近なところで見つけることができます。実は、国内で珍重される「カナダBC州産数の子」の輸入量は、国内トップクラスを誇っております。

photo