事業分野/鉄鋼

鉄鋼本部

岡谷鋼機の歴史ある部門の一つで、
岡谷鋼機の基幹を担う分野

 歴史を紐解くまでもなく、岡谷鋼機の基幹を担う本部です。
 国内では、大手鉄鋼メーカーの一次指定商社として大手ユーザーに鉄鋼製品を直接販売する「紐付き」と呼ばれる営業と、特約店と呼ばれる販売店に対して鉄鋼製品を供給する「店売り」営業があり、商社らしい多彩な機能を発揮しています。
 一方、海外へは現地法人など岡谷鋼機のネットワークを活用して日本の鉄鋼製品を輸出するとともに第三国の材料を販売する三国間貿易も行っています。その中には日系企業の海外拠点向けだけでなく、インフラや石油等を扱う現地ユーザー向けのビジネスもあり、地域の発展にも貢献しています。さらにコイルセンターをはじめとした加工拠点や自動車・家電部品の製造会社を設立し、市場のニーズに対応した活動を行っています。
 このように岡谷鋼機では国内外問わず、産業の基盤となる「鉄鋼」を扱い、超高層ビルや空港といったビックプロジェクトにも果敢に取り組むダイナミックなビジネスを展開しています。

photo photo

特殊鋼本部

高機能・高付加価値な鋼材を、
ものつくり企業へ

 鉄鋼本部が普通鋼とよばれる鋼板や鋼材を扱うのに対して、高級鋼とよばれる耐熱性や耐食性を兼ね備えた高付加価値材料を取り扱う本部です。
 特殊鋼は、自動車の足回りやエンジン、工作機械、プリンターのシャフトなど様々な用途に使用されています。日本の鉄鋼メーカーが技術的に優位に立っている分野なので、世界市場で拡販できる大きな可能性を秘めている商材です。そのため、常にユーザー及びメーカーの情報収集に努め、自分の発想やアイデアを盛り込んだ提案が求められます。
 供給先が自動車・工作機械・航空機・IT機器などのものつくり企業が主体であるだけに、製品知識はもとより、それに関連する加工技術に対する知識やノウハウも重要です。相手の懐に飛び込んで本音を引き出すためにも、日々の仕事の中で専門的な領域についての理解を深めていくことが大切な本部といえます。
 系列にとらわれない幅広いメーカーとの取引を行い、グローバルなネットワークを活かしながらユーザーニーズにプラスαで応えることに積極的に取り組んでいます。

photo